単なるマンガ制作では終わりません

パーソナメディアによる露出範囲の拡大

製品・サービスを知ってもらうために、ビジネスマンガを触媒として、WEBを中心としたメディアに露出させます。 そのための戦略として、まずは、以下のコントロール可能なメディアを選択します。

  • 自社HPに電子マンガ形式での掲載
  • コマ割りに効果音や、音楽などを付けて動画として見せる動画形式での掲載。動画共有サイトへの露出
  • QRコードからアクセスできるモバイルマンガ形式での掲載
  • キャラクターを使用したブログの作成

これらを多面的に行うことで、ターゲットのライフスタイルに合わせた形でリーチします。

マスメディアによるクロスメディアブランディング

マンガPRは、お客様だけに行うものではありません。 記者・編集者に対しても、マンガを使った効果的なリリース設計により、 4マスと呼ばれる、新聞、雑誌、テレビ、ラジオの取材を誘致します。 PRを専門にする弊社だからこそ出来る、メディアへのブリッジングが可能です。

リアルコミュニケーションでの刈り取りによる売り上げアップ

パーソナルメディア・マスメディアへの露出により、ニーズを顕在化させた後は、 しっかりと刈り取りを行う必要があります。

もちろんこのフェーズにおいても、マンガがセールスステップを加速させます。 マンガを使った、リアルでの口コミが生まれ、その空気感を活かしたイベントや、店舗戦略、 そこからの問合せへの導線の設計や、営業マンへの引き継ぎ等、 コンバージョンにつながる、ソリューション型の営業体制を御社に構築します。

漫画だけでは、もったいない。 クロスメディアで、ほかの媒体も巻き込んだ相乗効果を発揮させることが 成果を上げるポイントです。

メディア